ウーマン

魅力的な目を目指す

固形石鹸

まつげは長い方が魅力的な目に見えます。マスカラを塗るのもいいですが、まつげが伸びる効果がある美容液を利用するのもおすすめです。美容液にはアイライナーのように使うものやマスカラのように使うものがあります。洗顔後に使うと効果的です。

Read More

乾燥を防ぐことが重要

妊婦

原因は皮膚の薄さ

目は1日に2万回も瞬きを繰り返している部分のため、目元はしわができやすい部分です。さらに顔の肌の他の部分よりも皮膚が薄いため、乾燥しやすくなるので深いしわだけではなくちりめんじわもできやすいという特徴があります。デスクワークをしていて目が疲れると、それが引き金となってしわができやすくなる部分でもあります。そのため、通常のスキンケアで使っている化粧品では目元の保湿をするためには少し物足りないと感じる事があるかもしれません。わずかなしわでもそのまま放置する状態が積み重なってしまうと、目元の深いしわを作り出してしまうことにもなりかねませんから、目元のケアのために製造されているアイクリームを利用するなどしてしっかりと保湿を行うことが重要になります。

優しさを大切に

目元のしわは早めに手を打った方が良いものですが、効果を出すためにマッサージやクリームを塗る時に指に力を入れてしまいがちです。頬など皮膚が厚いところなら滑りが良くなるクリームなどを使っていればそれでも問題ないかもしれませんが、目元は皮膚が薄いということを忘れないようにして、優しくケアを行うようにしましょう。目元のケアをしている時だけではなく、日常生活でも気を付ける点があります。無意識に行ってしまう人も多い目をこすったり、コンタクトレンズを入れる時に目を引っ張る癖がある人はそれらが原因となって目元の皮膚にダメージを与えてしまい、しわが出来てしまっている可能性もあります。目元のケアはとにかく「優しく」を心がけるようにしましょう。また、目元のケアも欠かすことが出来ないのですが見えにくい妊娠線などのケアも大切です。妊娠をしたり、急激に体重が増えてしまうことで皮膚が伸びて出来てしまう妊娠線ですが、基本的にはお腹や太ももなど見えにくい部分に出来てしまいます。ですが、温泉や海など露出することが多い場所に行くと見られてしまう可能性があるので妊娠線をつくらないことが大切です。妊娠線をつくらないようにする方法といえば、乾燥を防ぐことなので目元と同様に妊娠線ケアもしっかりと行なうようにしましょう。

白い肌を手に入れる洗い方

レディ

くすみや色素沈着は、肌中でメラニン色素が生成されることにより起こります。洗顔時の刺激でも生成されるものですので、優しい洗顔を心がけることが大切です。肌をいたわりながら洗っていても美白効果が見られない場合、皮膚が硬くなっている可能性があります。その場合はピーリング洗顔で古い細胞を排出させます。

Read More

パックの種類が豊富

背中

炭酸パックにはジェル状・クリーム・泡状・マスク状・固めるタイプと4つの形状があります。この中で炭酸パック初心者におすすめなのが、ケアの手間暇が必要ないマスク状です。パックするとピリピリする痛みが出る事がありますが、自然に治るので安心しましょう。

Read More